つぶ訳wiki - NEW ORLEANS (ニュー・オリンズ) [NEW ORLEANS (Gary US Bonds)] - つぶ訳wiki

Page Top

どんな歌 anchor.png

桃源郷のようなニューオーリンズに行こう、という歌。

Tag: 地名 お国自慢

Page Top

つぶ訳 anchor.png

みんな、俺と旅に出よう。
ミシシッピを下ってニューオーリンズまで。
スイカズラの蔓にスイカズラの花が咲き、いつだって恋の花が咲き乱れる。
南部美人はミシシッピ・クイーン。
ベイジン・ストリートをぶらついて、ディキシーランド・ビートに身を任せる。
マグノリアの花の香りが充満している。
あそこに行かなきゃ天国に行ったことにはならない。

Page Top

曲リスト anchor.png

Page Top

GARY U.S. BONDS/1960年 anchor.png

*

60年、ゲイリー・U.S.ボンズ初のシングルヒット。
R&Bチャート5位、POPチャート6位。
その後もツイスト・ブームに乗って、ヒット曲を連発した。

Tag: 楽曲 RhythmAndBlues Gary_US_Bonds

Page Top

THE LOUISIANA GATOR BOYS & THE BLUES BROTHERS/1998年 anchor.png

*

映画「BLUES BROTHERS 2000」で使用された。
劇中では、ルイジアナ・ゲイター・ボーイズとブルース・ブラザーズ・バンドが一緒になってこの曲を演奏し、大団円を迎えるというシーン。ニューオーリンズで行われたバンド・コンテスト、という設定なのでピッタリの曲ということになる。サントラ自体、「BORN IN CHICAGO」で始まり、「NEW ORLEANS」で終わる、という収まりのよさ。
歌い始めを務めるのはオリジナル・シンガーのゲイリー・U.S.ボンズ。そして豪華出演陣によるリレーで、そのままエンドロールに突入。エンドロール中も前作の「JAILHOUSE ROCK」と同じく、アレサ・フランクリンなどのゲスト出演者が1フレーズずつ歌っている。

Tag: 楽曲 RhythmAndBlues SoundTrack Blues_Brothers

Page Top

WILSON PICKETT/1967年 anchor.png

*

BLUES BROTHERS 2000」の出演者でもあるウィルソン・ピケットも、勢いのあるファンキーソウル・アレンジでカバー。

Tag: 楽曲 Soul FunkySoul Wilson_Pickett

Page Top

PAUL REVERE & THE RAIDERS/1965年 anchor.png

*

ポール・リヴィア&レイダースによるカバー。
65年のシングル。66年のセカンドアルバム「JUST LIKE US!」にも収録。

Tag: 楽曲 Rock GarageRock Paul_Revere_Raiders

Page Top

anchor.png

Tag: 楽曲


新しくコメントをつける

題名:
:
:

コメント一覧


tweet


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 3185, today: 2, yesterday: 0
Princeps date: 2009-12-03 (Thu) 11:37:18
Last-modified: 2009-12-03 (Thu) 11:37:18 (JST) (3461d) by wax


    HTTP Error: 503


コメント一覧
  1. Re: NORAH JONES ゲスト 2018-3-19 21:47
  2. Re: NEIL SEDAKA ゲスト 2018-3-13 16:17
  3. Re: JOHN THE REVELATOR ゲスト 2017-11-2 13:33
  4. Re: STONED SOUL PICNIC ゲスト 2017-10-13 19:23
  5. Re: DON'T TURN AROUND ゲスト 2016-8-14 17:38